自粛。2022年11月23日

干しエロがき

先日の奇形柿を干し柿にしてみた。<= するなよ
ここには載せられなくなった。アブなくて。(苦笑)

【トップイメージ解説】2022年11月22日

トップイメージ

本家サイト http://www.modelanimation.com/ トップイメージ解説

当初の予定を飛び越し、納品まで半年もかかってしまった小型リグ。「改良しないと死ぬ病気」により、上部構造をベースからはずせるようにしました。(先方様からは特に求められてません)
はずした上部構造は、右の拡張部品により、みんな大好きUSB顕微鏡スタンドに装着できます。ドワーフタンクにもつかえるそうです。(これも先方様からは求められてません)
ベースのほうは目安棒に転用もできます。

見えないところでは、新方式の固溶化処理でステンの加工硬化をなくしました。
ああっ、また改良してしまった。

【トップイメージ解説】2022年11月18日


本家サイト http://www.modelanimation.com/ トップイメージ解説

ボール穴あけ治具によるステン球の穴あけ。たまたまフライス盤に載ってるけど、ボール盤でも加工可能です。

【トップイメージ解説】2022年11月15日

トップイメージ

本家サイト http://www.modelanimation.com/ トップイメージ解説

某作品の、大型キャラの足。一連関節はボールシート(玉受け)部分にリン青銅を使うというバイメタル関節です。まだ完全ステン関節(ステン球+ステンソケット)は確立してませんでした。
つま先はリン青銅の軸ヒンジ関節です。

絶句。2022年11月13日

エロがき

今年は奇形柿が多いそう。
一説に高気温や日較差の増大によるものとか。
(作用機序は不明)
全国的な現象ゆえ、気候がらみの説明は腑に落ちます。
案の定、放射能と結びつけてるお馬鹿さんが湧いてますケド。

ウチにも、こんなのがなりました。検索画像に「それ系」はたくさんあったけど、ウチのがいちばんカワイイ。

参考リンク:
「キティちゃん風も」
変わった“柿”が大量発生その原因は?調べてみると大変なコトが…
https://news.yahoo.co.jp/articles/551035c035be5020e2286194b4a1dfe0f93210e8

キティちゃん風とかいってるけど、別の形のものを下方から撮影して、シルエットでキティにしてるのは無理あり。そもそも、シルエットでも似てないですね。

【トップイメージ解説】2022年11月12日

トップイメージ

本家サイト http://www.modelanimation.com/ トップイメージ解説

前回の、ダータの人体アーマチュア。2体あって、先方がガワをつけたら、そのうち1体をこちらにくれることになってました。

『ニットとウール』新作放映 (再掲・追記)2022年11月10日


やたみほさんのプチプチ・アニメ『けいとのようせいニットとウール』の新作「とりちゃんとでんしゃでおでかけ」が放映さます。

NHK Eテレ 11月11日(金) 8:45~
https://www.nhk.jp/p/petit/ts/5W3G371NR7/episode/te/11XGP3G957/

撮影に拙作アーマチュア/戦車が使われています。

【追記】
新作情報が追加されました。
https://www.nhk.jp/g/blog/s4uq7soao28x/

【トップイメージ解説】2022年11月08日

トップイメージ

本家サイト http://www.modelanimation.com/ トップイメージ解説

あれは2年前。海外のストップモーションアニメーターから、サンプルムービーを作ってやるからと散々いわれて、そんなに熱心ならとダータで送った人体アーマチュア。いまだに映像を送ってくれません。
なんかグチ大会になってきてますね…。

『ニットとウール』新作放映2022年11月08日


やたみほさんのプチプチ・アニメ『けいとのようせいニットとウール』の新作「とりちゃんとでんしゃでおでかけ」が放映さます。

NHK Eテレ 11月11日(金) 8:45~
https://www.nhk.jp/p/petit/ts/5W3G371NR7/episode/te/11XGP3G957/

撮影に拙作アーマチュア/戦車が使われています。

【トップイメージ解説】2022年10月31日

トップイメージ

本家サイト http://www.modelanimation.com/ トップイメージ解説

NHK BS1「ガッチャン!」で使われたアーマチュアキットの画像です。番組では「人形にはこういう関節が入っています」などと、出演したアニメーション作家が作ったかのようにナレーションされてました。ノークレジット・ノーギャラでした。