超低価格アーマチュアキット2018年12月08日


出るべくして出ました。
31.5ドルのボール&ソケットアーマチュアキット! 日本円で4,000円前後。しかも送料無料! 多分中国製。

Cinespark SMA-16

試しに買ってみたいけどサイトがアヤしくてカード情報が登録できません。(笑)
Amazon.co.jpでも買えるけど値段がン万円に上がります。

DIY Studio Stop Motionアーマチュアキット

低価格キットではありがちな、二連関節ですべてをまかなう方式です。足のつけ根等に人体には存在しない関節ができてしまいますから使用時は注意が必要です。
接着剤によるボール固定については懐疑的。ガストーチで半田づけするなどアレンジして使いましょう。

かならずしも価格が性能の指標にはなるわけではありません。そこそこ使えるかも? ワークショップ等には最適でしょう。

今後アーマチュアキットは益々「プロ版」と「なんちゃって版」に二極化していきそうです。

George armature クリスマス・エディション2018年12月07日


「いまのところセット売りのみ」と書いた George armature にクリスマス限定エディションが追加されました389ユーロのところ、100ユーロ引きの289ユーロ。リグつきです。

https://www.stopmotionengineeringstore.com/index.php/prodotto/george-pack-rig-xmas-limited-edition/

牧野謙さんインタビュー2018年12月06日


「JUNK HEAD」でご一緒した牧野謙さんが「コザまちマガジン」で取り上げられています。沖縄のオフィスニーフェに展示されている牧野さんのコマ撮りパペットについての単独インタビューです。

http://kozamachi-magazine.com/makinoken/?fbclid=IwAR21Tqhy_sYv-TstFYqFyEUZ3lawOs4A4iXNkUMmWQvb5sdi3r6N-r3OaDg

同パペットをコマ撮りしたシリーズは YouTube で公開されています。たとえば・・・

穴あけ冶具(10ミリ径用) その22018年12月04日

穴あけの実際

実際の穴あけ加工です。

写真上から順に

・冶具をフライステーブルに設置します。(ボール盤をつかうときはテーブルバイス上に固定します)
丸棒端材(4ミリ径)をドリルチャックにつけて押下し冶具の穴に挿入すると、正確な位置が割り出せます。

・穴をあけるのはボールの片側だけです。もう片側のボールはダミーで入れておくだけです。写真左側のボールがダミーです。右側のボールを穿孔したら、次のボールにすげかえて加工を続けます。

・加工中に冶具がゆるんでボールが空回りしたら機械を止め、ねじ締めなおします。

・左側、穴あけ済みのボールをダミーにつかっています。加工に使うのは飽くまで右側だけです。

・無事穴があきました。

穴あけ冶具(10ミリ径用) その12018年12月03日

穴あけ冶具

10ミリ球用の穴あけ冶具を新調しました。ちょっと複雑な穴あけをしたいので、いつもの旋盤用でなくフライス盤用にしました。ボール盤でもほぼ同様のことができます。

写真上から順に

・厚めの平角棒を長・短2本切り出して接合します。接合は接着剤を使ってもいいです。今回は急ぎなので半田づけです。

・上部に3連のセンター穴をあけます。ポンチで打ってもいいです。
中心のセンター穴に貫通穴(3.3ミリ径)をあけます。さらに下側の平角棒に少し食いこむ位の深さまで穴を拡大します(4ミリ径)。下に残った3.3ミリ径部分にのタップ(M4)を切ります。

・長・短平角棒を加熱して分離します。ペーパーをかけて半田をクリンナップします。

・両者をネジ(M4)で固定し、両側のセンター穴にメクラ穴(4ミリ径)をあけます。メクラ穴先端は下側の平角棒に数ミリは食い込ませます。

・完成です。加工するボール2個をはさんでます。

つづく

駄目関節 その22018年12月02日

解決策

対策のひとつはおそらくコレです。ブロック部分にスリットをいれて、しなる部分の長さを同一にします。
完成品は別の形状にしてしまったので実制作はしてません。忘備録として残しておきます。

駄目関節 その12018年12月01日

駄目関節

それと気づかずに駄目関節をつくってしまうことがあります。動きにクセがある。測り間違いか加工誤差のせいかと思い作り直しても同じことが起こる。
たとえばこれです。何が悪いかわかりますか・・・?

左右のソケットプレートの厚みは同じだけど長さがちがいます。ねじで締め付けたとき、両者のしなり方がちがうから2つのボール穴の位置が長軸方向にズレます。それでボール&シャフトの軌道が平面上を動かなくなる=クセのある動きになります。

バネ性の高いリン青銅で関節を集中して作り続けることで、動作の不具合が明確にわかるようになりました。いつもの真鍮素材では気づかなかったでしょう。

つづく

痛指2018年11月30日

フィンガートーク

金鋸でミスって人さし指を切ってしまいました。絆創膏で充分防護できるのだけど、油に常にさらされるし手洗いも頻繁です。傷口がなかなか癒着してくれません。指を曲げ伸ばしするとパクパクして口のようでした。そこでマジックで目をいれてみました。

・・・・・・・・・・・・。

口パクさせながらアフレコもしてみました。

・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。

・・・さ、仕事仕事。

痛関じゃなかった2018年11月29日

George armature

これもクラウドがらみです。前にバックした George armature が届きました。パッケージを見てはじめてイタリア産だったときづきました。

関節の固さはハリウッド系で、鬼のように固いです。
つま先立ちもできます。サンプルムービーがみんなずり足だったので強度を疑ってたんですが・・・ おみそれしました。
ナットはソケットプレートと別パーツですが、締めねじと一緒に回ったりはしません。ナットが樹脂に食い込んで回転止めとなるのでしょう。
手首の関節だけはクセのついた動きです。コンパクトさ優先で妥協したのでしょう。
一部に使われてる板ヒンジ関節はガタツキがありませんでした。金属の板ヒンジだとガタツキ止めに樹脂ワッシャをいれたりします。この板ヒンジは材料自体が樹脂ゆえにワッシャがいりません。

詳細は下記にて。

https://www.stopmotionengineeringstore.com/

いまのところなぜかセット売りしかしてません。

https://www.stopmotionengineeringstore.com/index.php/shop/

The Primevals 続報2018年11月28日

よくみたらそのために生産したフィギュアじゃなくて映画に使われたパペットそのもの(!)でした。アーマチュア内臓か? やっぱりバックしてしまいました。あーまた散財してしまった。