戦車のクレジット2017年03月04日


コマ撮りで戦車(タンク)といえば、
「そこはかとなく戦車の形をした、大型のリグ」
をさすスラングです。

戦車製作で映像作品に参加した場合、クレジットの肩書きはなんと書くべきでしょう?
そのまま「戦車」や「タンク」とかかれると、一般観客にはなんだかわかりません。

聞かれた場合、私は「撮影用特機」と書いてもらってます。
単に「特機」とすると、クレーンや巨大扇風機を思い出してしまいます。あえて「撮影用」をつけて「なんか違うぞ?」感を出すわけです。
もっと明確に「コマ撮り用特機」ぐらいがいいかな? とも思い始めてます。

英語標記では rig maker にしてもらってます。
しかしアチラで rig は、ライブ・コマ撮りにかかわらず、吊る・支えるものすべてを指すようです。
アチラのVFX本の標記基準によれば、

stop motion model rigger

とのこと。なるほど、model が入るのですか。
さらに、頭に stop motion をつけたほうがいいのですね。
確かに、単に model rigger だと、

 操演(ライブ)でミニチュアモデルをワイヤーで吊る。
 モデルさんにハーネスを装着してもらい、ワイヤーで吊る。

なんてことも連想しちゃいます。

コメント

トラックバック