鉛の足っぺた加工 その22017年07月01日

鉛の足っぺた加工手順2

足首の関節位置をさらに低くしたいとき。ボール&シャフトを鉛板上のフランジナットに固定する、第二のナットがはいらないくらい低い位置に、ということです。

ボール&シャフトをフランジナットに直に半田づけします。
前回の(8)までの手順でできたものに半田づけすれば楽です。
・・・というのにたまたま気づいたので、続編を書いてます。

写真順と説明の番号は対応しています。

(1)作業台は前回と同じ薄い金属板です。今回は、鉛板底のねじ穴から漏れた半田が金属版にくっつく可能性があるので、金属板が真鍮・鉄・ステンレス等の場合は上にアルミホイルを敷きます。私が使ったコの字型端材はアルミなので、そのまま使いました。
 写真はありませんが、コの字型端材の裏には、前回(3)と同じくボール紙とネオジムが張り付いています。
 半田は短く切り、M3ボルト径にはまるようU字型にしておきます。

(2)U字型半田をボールの襟首にはめ、フラックスを一滴たらします。光の加減で写真がちょっとわかりにくいですね。

(3)ガストーチの炎をしぼり、フランジナットとボールの間を狙って加熱します。鉛に熱が行かないように、真横からあてます。コの字の作業台では、コの字の横壁があるほうからあてると、ネオジムのある裏面に炎が回りません。

(4)この場合に限らず、ボールを加熱したときは熱いうちに水にいれてはいけません。自然冷却を待ち、水と金ブラシで洗います。完成です。鉛板を必要な大きさに切って使います。