ギヤモジュール小型化 その62018年05月01日

外部接続具装着

こちらは外部接続具です。同じくオプション取付面に装着します。外部者シャフトとちがい、接続機能をもとからもっています。

ハチの巣ゲット2018年05月02日

ハチの巣

玄関のひさしに、またもやハチが巣を作りはじめました。キアシナガバチ?

キンチョールで成虫を追い払ったのち、巣を落としました。中にはラブリーな幼虫たちが。でもどうせほっといても死んじゃうし。地面に1日置きっぱなしにしてアリに食わせ、生態系に貢献しつつ巣のみをゲット。<= 鬼

バリバリ その12018年05月03日

バリバリ試作品

針の長さが変えられる画鋲。バリアブルな針ということでバリ針、『バリバリ』。
写真は試作品です。

つづく

バリバリ その22018年05月04日

吸着板の固定

話は過去にさかのぼります。

磁石ベースの 吸着板 を虫ピンで固定するのは面倒といわれました。まあ、強固に固定するには虫ピンの本数もいりますからね。
「なら画鋲を使ってください。もとより画鋲使用も想定してましたし」
と伝えやってもらったところ、程よい長さの画鋲がないとのこと・・・。

そういえば、吸着板固定のテストでは手近にあった一枚板をステージに見立てていました。(写真)
コルク板+コンパネのたぐいの、複合材料でできているタイプの現場のステージでは、針の刺さり方が変わってくるのを考慮すべきでした。

つづく

バリバリ その32018年05月05日

虫ピンと画鋲比較

吸着板のようにガチガチに固定したいものは、針の先端がステージのコルク板をつきぬけ、下段のコンパネにほどほど刺さるくらいが丁度良いです。

・虫ピンは面倒だけど、L字型に曲げることでその場その場で丁度良い長さに調整できるのがよいところ。(図の左端。以降順に右へ)

・たまたま、針の長さが丁度良い画鋲が入手できればいいのですが

・短いとコルク板にしか刺さらなくて抜けやすくなるし

・長すぎると画鋲の頭が浮いてしまいます。

つづく

世界チャンプの「野球狂の詩」2018年05月06日


ムエタイ世界チャンプ・ジャンパさんの、今度は「野球狂の詩」。日本アニメがほんとに好きなんですね。

前作「ドラえもん」は こちら。

短信2018年05月07日

謎の磁石ベース

走り出したら止まらない? 磁石ベース、さらに進化中。

つづく

中指受難2018年05月08日

右手中指

金属トゲが刺さることはままあります。普通はトゲヌキで充分対応できます。まれに皮膚にもぐりこんでしまってとれないこともあります。それだと放っておくしかありません。それでもいつかとれてしまうのは皮膚の更新作用のせいと思われます。

今回は勝手がちがいました。トゲが深くもぐりこみすぎたのか。真っ赤に腫れてきました。かまわずさらに放っておいたら、パンパンに膨らんで。何の気なしに指で押したら、膿がちゅるちゅるちゅる~。(写真、一部自粛)

締め切り集中してるのに、これ、やばい。

Stop Motion Magazine issue #302018年05月09日

Stop Motion Magazine issue #30

John Ikuma さんの Stop Motion Magazine 最新30号。

"EARLY MAN"大特集! 今号は無料です。(0$で購入の形)。
購入先はこちら。

http://stopmotionmagazine.net/product/issue-30-early-man/

一般部品2018年05月10日

一般部品

内輪から請けた、ストップモーションがらみ以外の部品制作。方向性がちがうのに、頭の中ですんなりダンドリが組みあがるのは不思議なもの。

最低限の工作機械しかないので冶具は必須です。一番左の部品に使った冶具は3種類。うち2種類はこの部品専用で、一度きりの使い捨て。さらに寸法確認用の自前スケールを3種類新調。
だからカスタム部品は高価になります。世間様にはなかなか理解してもらえないところです。