駄目関節 その12018年12月01日

駄目関節

それと気づかずに駄目関節をつくってしまうことがあります。動きにクセがある。測り間違いか加工誤差のせいかと思い作り直しても同じことが起こる。
たとえばこれです。何が悪いかわかりますか・・・?

左右のソケットプレートの厚みは同じだけど長さがちがいます。ねじで締め付けたとき、両者のしなり方がちがうから2つのボール穴の位置が長軸方向にズレます。それでボール&シャフトの軌道が平面上を動かなくなる=クセのある動きになります。

バネ性の高いリン青銅で関節を集中して作り続けることで、動作の不具合が明確にわかるようになりました。いつもの真鍮素材では気づかなかったでしょう。

つづく

コメント

トラックバック