穴あけ冶具(10ミリ径用) その22018年12月04日

穴あけの実際

実際の穴あけ加工です。

写真上から順に

・冶具をフライステーブルに設置します。(ボール盤をつかうときはテーブルバイス上に固定します)
丸棒端材(4ミリ径)をドリルチャックにつけて押下し冶具の穴に挿入すると、正確な位置が割り出せます。

・穴をあけるのはボールの片側だけです。もう片側のボールはダミーで入れておくだけです。写真左側のボールがダミーです。右側のボールを穿孔したら、次のボールにすげかえて加工を続けます。

・加工中に冶具がゆるんでボールが空回りしたら機械を止め、ねじ締めなおします。

・左側、穴あけ済みのボールをダミーにつかっています。加工に使うのは飽くまで右側だけです。

・無事穴があきました。

コメント

トラックバック