伸縮 その112021年02月02日

薄ラック使用

こちらはツインラック型。薄ラックギヤで組んで軽量化したかったんですが、ガタツキを防ぐための追加部品が多くなり、厚ラックギヤ2本のものと大して変わらない重さになりました。

つづく

伸縮 その122021年02月03日

介護ベッド1段

もっと単純な構造にできないものか? 部品数の少ないものに。
そんななか、介護ベッドのリフティングシステムを見る機会がありました。これだ!

つづく

伸縮 その132021年02月04日

介護ベッド2段

2段積みも可能。きっとそれ以上も。目的としては1段で十分ですけど。

つづく

伸縮 その142021年02月05日

パペットへの組み込み2

1段式をパペット胴体に組み込み。

つづく

伸縮 その152021年02月06日

動作

動作です。前後左右にぶれることなく上下動します。
残念ながら、これにて開発は凍結です。スピンオフは将来、別の形で生かすことになるでしょう。

PLUS ULTRA

ジミー脱出2021年02月09日

モジュール式ステン大関節キット

年をまたぎ2ヶ月にわたり生産してきたステン大関節を納品しました。

昨年アーマチュアキットを大量購入してくれた顧客様( 9月20日の記事 参照)が大型クリーチャーを作っていると聞き、半ば撒き餌のつもりで「大型のクリーチャー用のステン大関節もありますよ」と伝えました。なんと話は通ってしまい、いきなり100個弱の発注がきました。
予想外の大量生産。一括納品後これじゃ使えないよといわれたらエライことです。チキンの私は、とりあえずサンプルを送り、これでいいんですかと確認をとりました。幸い気に入ってもらえ、「動きはとてもよく、十分に強く、そして驚くほど軽量」という評価もいただきました。続いた言葉が「あと60個追加したい」でした。大関節だけでトータル152個。接続やリギングに使う周辺部品を加えると、部品総数は362個! 地味に生産を続ける日々が始まりました。

名前を書くのは問題ないとのこと。発注主はピーター・ジャクソン氏です。

四角パイプ その12021年02月12日

部品一覧

納品部品を1点づつ並べました。ほとんどの部品の試作部品・規格外部品が過日の年賀状の ミナトン に使われてます。唯一使われていない部品は両端に穴のあいた四角パイプです。

つづく

四角パイプ その22021年02月15日

四角パイプで延長

キットは大型クリーチャー制作をするためのものです。四角パイプは腕や脚を太く・長くしたいとき使います。実際使うのは身長20インチを超えるクリーチャーあたりからでしょう。ミナトンは身長16インチ弱と小さめで、四角パイプなしでいけました。

四角パイプはロッド接続用の円筒パイプと組みにして使います。円筒パイプには長短ありますが(前回の写真の右下の2点)、通常は短のほうです。
四角パイプの角の穴から挿入したねじは円筒パイプのねじ穴を通り、四角パイプ内面の角につきあたります。ねじを締めると、円筒パイプが四角パイプ内面の2面(図の青点部分)に押し付けられます。内面の角に食い込んだねじ先はピンの役目も果たします。円筒は四角パイプの中で軸回転しません。

つづく

四角パイプ その32021年02月16日

穴あけ治具

四角パイプは必要な長さに切って使います。切った側の端には穴がありません。ユーザー自身であけなければなりません。
そのための治具を考案しました。これは最初期の、建築金物を流用した穴あけ治具です

つづく

四角パイプ その42021年02月17日

拡張版

より頑丈に、かつ穴位置の微調整ができるように拡張しました。構成部品が増え、使い方の説明も面倒になってきます。

つづく