【トップイメージ解説】2023年01月26日

トップイメージ

本家サイト http://www.modelanimation.com/ トップイメージ解説

初期のステン関節です。CM用につくったけど使われませんでした。その後、アイツの関節は使えないという噂が流れました…。

のちに判明した話では、人形師さんがM2.6のねじ穴にM3のねじを入れようとしたようです。
ボール&ソケット関節を構成する2枚のソケットプレートのうち、ねじの貫通穴が開いた方をAプレート、ねじ穴の開いた方をBプレートといいます。ねじにM2.6を使うときは、BプレートにM2.6のねじを切ります。Aプレートには2.6径でなく3径の穴をあけます。+0.4のマージンは加工誤差を吸収し、ボールを理想的な位置に固定します。
おそらく人形師さんはM2.6ねじを落として紛失したかしたのでしょう。で、在庫のM3を使おうとした。Aプレートの3径穴にはM3ねじも入りますから一見使えそうではあります。しかし当然M2.6のBプレートにははいりません。それでコイツは使えないということになったのでしょう。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kv9t-kwmr.asablo.jp/blog/2023/01/26/9558264/tb