拡張Dカット その22022年05月26日

Dカットと拡張Dカット

●Dカット

丸棒の片側面を平たくカットすること、またはカットしたもの。断面がD型になるからDカット。丸棒を接続具等にねじ止めするとき、カット面に垂直にねじ先をあてると、丸棒の軸回転を抑えることができる。

●拡張Dカット

Dカットをしたうえ、カット面に垂直にねじ穴を追加したのが拡張Dカット。ねじ穴にねじを通すと、丸棒のすっぽ抜けを防止できる。

つづく

拡張Dカット その12022年05月25日

拡張Dカットを利用したロッド径変更

太いロッド(突き出し)の影落ちが問題になったという話を、撮影終了後に聞きました。
戦車は汎用性を重視。「大は小を兼ねる」で、なるべく重いものを支えられるような太ロッドをつけて納品しました。
細ロッドにしたいのなら、相談いただければ手段はありました。最新のリグ用関節はシャフトに「拡張Dカット」(後述)がしてあります。これを利用した裏技で、より細いロッドへの換装はできました。それもコストは最小で。

写真上から12ミリ径ロッド(デフォルト)、7ミリ径ロッド、6x6角ロッドです。

つづく

ハナカマキリ2022年05月18日

ハナカマキリ

先日、某氏が送ってくれたガシャポンのハナカマキリを、同系色の花の上においてみました。触覚をディティールアップすれば、もっと本物っぽくなりそう。

牧野謙さん 訃報2022年05月04日


『JUNK HEAD』 でご一緒した、コマ撮りアニメ作家の牧野謙さんが昨日お亡くなりになりました。
熱心な人形関節師でもありました。制作ではつねにプラスアルファをする人でした。私もこっそり影響をうけてました。そんな同業者は数えるほどしかいません。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

追悼掲載 補足2022年04月16日

こたつトップSFX

メイキングです。
実行時はドーントレスと武蔵の間に透明ブラバンを設置し、弾幕をエアブラシで描き込みました。パンフォーカスを応用した、合成のない一発撮りです。

追悼掲載2022年04月13日

ダグラスSBDドーントレス vs 武蔵

伝説のゲーム専門誌「BEEP」の編集さん(後続誌では編集長)がお亡くなりになったのを、没後半年も経ってから聞きました。3年前、十数年振りに共通の知人の家で再会し居酒屋で飲んだのが直接お会いした最後でした。ご冥福をお祈りいたします。

「BEEP」はゲーム誌なのに、何故か作り物の仕事をもらってました。写真は1988年5月号に掲載された「SBDドーントレス vs 武蔵」です。この時は特撮までやらせてもらいました。

タンク萌えしてみた その262022年03月05日

with リグ用関節

納品直前のリグ用関節をとりつけてみた。

タンク萌えしてみた その252022年03月03日

プチプチ・簡易戦車

プチプチ・簡易戦車。合成写真ぢゃないよ。

つづく

回転 => 上下動2022年02月24日

回転 => 上下動 シカケ

軸回転を上下動に変換するシカケ。上部円盤が1/3回転すると、上端は最高度にあがります。

最後の目安棒2022年02月05日

the last 目安棒
久しぶりに目安棒をつくりました。一見リメイクのようですがリニューアルです。”改良しないと死ぬ病気”なもので…。

上下の関節、先端関節と下部関節はリン青銅関節(ステンレス球+リン青銅ソケットプレート)にしてます。価格は据え置きで、黄銅関節(黄銅球+黄銅ソケットプレート)版とかわりません。

MB-001以来、長らく拙作目安棒に使ってきたロッドアンテナの掘り出し物は、これにて在庫がはけました。同じものは二度と作れないという意味で「最後の」としました。